◇ 障子の張り替え方 ◇


ここでは、自分で作業をやってみたい方の為に、

障子の張り替え作業のやり方を紹介したいと思います。

 

チェックポイントもあるので、

DIYに慣れてる人も初めての人も是非、挑戦してみてください。


◆ 障子の張り替え ◆

★必要な道具★

障子紙

障子ノリ

ノリハケ

ヘラ

カッターナイフ

バケツ

雑巾

ガイド(定規)

霧吹き

 

ホームセンターですべて揃えることができると思います。

 

アイロンや両面テープで張るのは絶対にオススメしません。

綺麗に剥ぐのが難しくなり、何より木地を傷めます。

ちゃんと障子専用のノリを使うようにしましょう。

(プラスチック系の障子紙に限り専用の両面テープを使うことがあります)

1、取り外します

障子を外しましょう。

 

もし建付けが悪く外れない時は、建具屋さんにご相談ください。

無理に外そうとすると木枠を傷めます。

 

・チェックポイント

外した障子の上部に、どこに配置してあったのか、番号または印をつけておきましょう。

作業終了後どこに戻していいか分からなくなるのを防ぎます。

2、洗います

水で綺麗に洗い流します。

 

障子紙を上手に剥ぐために行います。

またホコリとアクを取り除く意味もあります。

 

・チェックポイント

写真の様にビシャビシャに洗ってください。

中途半端に濡れてないところがあると後でとても目立ちます。

3、剥がします

障子が乾かないうちに剥がします。

 

上手に張ってあった障子は、簡単に剥げると思います。

障子紙が木に残ってる場合は、写真の様にヘラを使い、綺麗に取り除きましょう。

雑巾を使い、障子全体を拭き取っておきましょう。

 

・チェックポイント

出来るだけ紙は残さす取り除いた方が、仕上がりがより良くなります。

4、乾かします

障子紙が剥げたら乾かします。

 

紙を張る面を太陽に向けて、立て掛けて乾かします。

 

・チェックポイント

十分カラカラになるまで乾かします。

仕上がりも変わってきますので、焦らず待ちます。

5、ノリを付けます

トレーにノリを入れて、ハケを使いノリを付けていきます。

 

付ける順番は

中の格子⇒外側の枠 と付けていきます。

 

・チェックポイント

ここからはスピードが大事です。

ノリはどんどん乾いていきますので、ノリを付けて、紙を張るまで一気にいきます。

 

6、紙を張り、カットします

ロール状の障子紙を端から転がして張り付けていきましょう。指でしっかりとノリと接着する部分を押していきます。

 

定規を使いカッターでカットしていきます。

定規と障子との曲がりが無いよう調整して、カッターの刃は出来るだけ水平にして引きます。

 

カット後、はみ出たノリは濡れた雑巾などで拭き取ります。

 

・チェックポイント

カットし終わるまでがスピード勝負です。

カッターの刃は切れないと思ったらすぐに交換しましょう。

しっかりと拭き取りをしないと後でシミの原因になります。

7、乾かします

ノリが乾くまで、紙を張る面を太陽に向けて、立て掛けて乾かします。

 

・チェックポイント

角度をつけて、立て掛けましょう。

障子紙が張ってある為、強風で飛ばされて、台無しになってしまう事もあります。

8.霧吹きしましょう

ノリがしっかりと乾いたら水で霧吹きをします。

 

障子紙を霧吹きで濡らし、その後乾かすことにより、シワやよれていた障子紙がピンと張ります。

 

・チェックポイント

全面に霧吹きをするようにしましょう。

掛け過ぎには注意してください。

9、納めましょう

しっかりと乾いたら、元の場所に納めましょう。

 

外す時に、障子に番号や印を付けたと思いますので、場所は分かると思います。


以上で、作業は終了となります。

 

始めてDIYでされる方は1日で4、5枚ぐらいを目安に作業した方が

いいかも知れません。

 

慣れてくれば1人/1日で20枚近く張り替えることも可能です(当社で)。

 

自分で張り替えを行う暇が取れない方は、プロに頼んで見るのもいいと思います。

DIYよりコストは掛かりますが、仕上がりは最高です。